ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

いやー、iPhone 4S…
快適すぎます。

重い処理もサクサクこなすと言うだけでなく、
アプリの起動、スクロール、メッセージ表示などあらゆる処理の動きがキビキビしています。
使っていてストレスが無く、楽しく、今までよりずっと効率良く作業ができそうな気がします!

IMG_0235.jpg

さて、iPhone 4Sの一番の目玉といえば、忠実な秘書「Siri(スィリ)」ですよね。

Siriに話しかけると、内容を分析して適切な答えを音声で返してくれる、画期的な機能です。

残念ながらSiriは英語とフランス語とドイツ語に対応、日本語対応は来年になる予定との事です。

しかし、4Sを買ったからにはSiriをぜひ使いこなしたいところ。
Siriを英語でかっこ良く使いこなしてみたいじゃないですか。

と言うわけで、試してみる事にします。

Siriを有効にする

設定アプリから、一般 > Siri > Siri をオンにします。

早速話しかけてみよう

まずは妻の携帯電話を呼び出してみる事にします。

ホームボタンを長押しするとSiriが起動します。そのまま「Call (相手の名前)」と話すと、連絡先にある相手の番号に発信するのですが
Siriは漢字を読む事ができないので、このままでは発信できません。

そこで、iPhoneの連絡先かMacのアドレスブックを開いて、発信したい相手の「ニックネーム」の項目を追加します。
iPhoneの連絡先なら、「編集」ボタンをタップしてから「フィールドを追加」
Macのアドレスブックなら、メニューより「カード」 > 「入力欄を追加」で追加する事ができます。
「ニックネーム」には、Siriが理解できるようにアルファベットで名前をつけましょう

そこであらためてSiriを起動して「Call (相手のニックネーム)」としゃべります。

そうすると、見事妻の携帯電話に発信を始めました!
まあ、5、6回ぐらい試して、ようやくうまくいったのですが^^;

次は、日本の現在時刻を聞きました。

Siriを起動して「What time is it in Japan」と話すと、日本の現在時刻を教えてくれます。
もちろん、同様に世界各国、各都市の時刻を知る事も出来ます。

さっそく試してみましょう。

時刻を聞くがうまく認識されず

うう、全然うまく認識されてない(>_<)
PCなんて言ってないぞ~

10回ぐらい試して、ようやく、なんとか成功。Siriに意図をくみ取ってもらえましたヽ(^。^)ノ

ようやく認識された

次は天気。
「What is the weather like today」と話してみます。

天気を聞くがやはりダメ

これもダメ…
Paktika(パクティーカー)とはアフガニスタン南東部にある州の名前、らしいです。
そんな事話してないし、て言うかこんな州があるの今初めて知ったし!

30回ぐらい試してみたのですが、結局天気を聞く事はできませんでした。

いやはや…
私は英会話ははっきり言って苦手ですが
歌をやっていて英語の歌を歌う時もあるので、発音に関してはある程度自信があったんですよね…。
もっとも、会話の発音と歌の時の発音は必ずしも同じではないので、私が話す英語は会話としては聞き取りにくいのだと思います。
自分の実力の程を知り、愕然とする私(-。-;)

もう少し練習して、Siri使いを目指そうと思います!

関連記事












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://yuyumac.blog.fc2.com/tb.php/74-6eafbbc2

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。