ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
去る日本時間6月7日午前2時より、ジョブズ氏などによる基調講演が行われました。
私も仮眠の後、この基調講演を、様々なWebサイトやUstream等とともに楽しみました。

今回の発表について、皆さんはどのように思われたでしょうか?
「凄かった!」という方、「思ったほどじゃなかった」とおっしゃる方など、様々だと思います。

私は、想像の域を大きく超える発表ではなかったものの
Appleの意気込みを強く感じる、大きな意義のある発表だったと思っています。

それでは、前回の記事「大予想!WWDCで発表されるものは何か?」で私が予想した内容と照らし合わせながら、
今回の基調講演の内容を振り返りたいと思います。

1. Mac OS X Lion

■ 3000以上の新しいAPIを搭載
■ 新機能1 マルチタッチジェスチャー、フルスクリーンアプリケーション、
  Mission Control、Launchpad を始め250の新機能を搭載
■ 7月、Mac App Storeから配信、2600円

私の予想はこうでした。

□ 「Macを探す」機能を搭載
□ Finderが進化、Safariのようにタブブラウザ化



うう、見事にハズレ。
でも今回発表された「250の新機能」には
興味深いものもありますね。


新しいデザインの「アドレスブック」や「iCal」「Mail」等は早く触ってみたいし
エフェクトが多数追加された「Photo Booth」も楽しそうです。

子どもにMacを見せる時には、この「Photo Booth」を見せると、
みんなとても喜びます。
子どもが最初にパソコンに親しめる、素晴らしいアプリだと思います。

QuickTime Xも機能が強化され、複数のクリップをまとめて1本のムービーにしたり、
ムービーから音声のみを取り出して書き出す機能などが搭載され、着実に便利になっていく感じです。

何より2600円という低価格!!
私は1万円を切るぐらいではないかと思っていたのですが、衝撃の価格ですね。
しかも、Mac App Store経由なので、1回ダウンロードしたら、
認証されている他のMacにもインストールできるみたいですよ。

2. iOS 5

■ Notification Center、Twitter連携、Reminders を始め200以上の新機能を搭載
■ PC Free、すなわちMacやPCが無くてもソフトウェアアップデートを行えるように
■ Wi-FiでiTunesと同期が可能に
■ リリースは秋

一方、私の予想はこうでした。

□ Dashboardの搭載、Widgetをインストール可能に
□ Time Machineの搭載、アプリのデータを手軽に書き戻す事が可能
□ OpenCLに対応し、GPU性能をより簡単に利用可能に
□ 作成した写真や文章などを、より手軽に他のアプリに渡す機能を搭載
□ 音声認識機能を強化、サードパーティーもその技術を利用できるようになる
□ アプリスイッチをより手軽に実現するMission Controlを搭載



Dashboard、Time Machineは見事に不発!!
iOS 5では、Mac OS XのAPIをふんだんに詰め込んでくるのでは、と
予想していたのですが、そういった発表は特にありませんでした。
うーん、残念。

でも新しい通知機能や、カメラ機能の強化はとても良さげです。
早く使ってみたい!そしてiPhone 5も来て欲しい!!

今回の発表で一番の驚きは「PC Free」のメッセージをズバンと前面に持ってきた事です。
前回の記事でも書きましたが、10年以上続いてきた「デジタルハブ」戦略が、ついに転換期に来たということでしょう。

3. iCloud

■ iTunes Storeで購入した音楽、アプリ、写真等の各種データとバックアップを
  クラウド上にアップロードし、複数のiOSデバイスやMac、PC間で共有できる
■ iTunes Storeで購入した楽曲が失われても、それを無償で
  再ダウンロードできるようにする
■ 手持ちの音楽データをクラウドにアップロードできる「iTunes Match」年 $24.99
■ iPhoneやiPad等で撮影した写真をクラウド経由で
  瞬時に他のiOSデバイスやMac、PCと同期できる
■ MobileMeに置き換わるサービス
■ その他5GBまでのストレージが無償で利用できる

私の予想は以下の通りでした。

□ 音楽のクラウドからストリーミング配信。手持ちの音楽も、容量が許す限り
  クラウドに上げる事が可能
□ 購入した映画や電子書籍もクラウドで管理可能
□ 写真やアプリデータまでもクラウドにバックアップできる
□ iCloudにはMacやiPhone、iPad、Apple TVの他、
  新製品のTime Capsuleとも連携
  Time Capsuleがあれば、MacやPCが無くても自動的に
  ソフトウェアアップデートをダウンロードし、
  iPhoneやiPadに適用できるようになる
□ おそらくMobileMeとは別のサービスになる。
  あくまでiTunesとiOSデバイスのための機能。



MobileMeとの関係は外れましたが、iOSのデータをクラウド上で同期できるという点は
ほぼ当たっていたと言っていいのでは無いでしょうか。^^

iCloudでは、PC Freeでの使い方をよく考えて作られていると思います。
今まではiPhoneやiPod、iPadを使うにはMacやPCを母艦にするのが前提で、
iPhoneを使いたいがためにパソコンを買う、という人もいただろうと思います。
それがiOS 5からは、パソコンが無くてもiCloudをハブとして、データを扱えるようになるのです。
Macの売り上げに影響は無いのか、そんな心配もしてしまいますが、
ジョブズ氏も今のPC Less化に歯止めをかけるのは難しいと判断したのでしょう。


* * * * *
Appleは今回の発表で、これまでの「デジタルハブ」戦略から大きく方針転換をする事になりました。
いわば「デジタルハブ2.0!!」です。

今後のAppleはこのクラウドを使ったサービスをどんどん推し進めていく事は想像に難くありません。
それでは、今後のMacはどうなっていくのでしょうか?

驚いた事に、今回Appleは「Mac OS X Lion」ではなく、「OS X Lion」と表記しており
Macの名前が外されています。これは何を意味しているのか?
「デジタルハブ」の方針転換と関連があるのでしょうか?

Appleの意図はまだ分かりませんが、私は、Macが母艦としての意味を失い、
今後無くなっていくとは思えません。
iPhoneやiPadとの性能差を考えても、写真や映像を編集したり、作曲をしたりといった作業には
まだまだMacが不可欠です。

また、大量にある家族の写真やビデオは、全てをiPhoneやiCloudに保存するにはサイズが大きすぎるし
大事なデータをクラウドに預けるというのは、何となく不安な気がします。
少なくともMacにデータがあって、保険としてクラウドを利用するというのがいい気がします。

Appleも、まだまだMacの時代が続くと考えているからこそ
LionというOSを、これだけの機能を搭載して発表したはずです。

クラウドの時代になっても、そばにMacがあるのが一番安心だね、
そう言える時代がまだまだ続いて欲しい、
私はそう考えました。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://yuyumac.blog.fc2.com/tb.php/7-b3514ffa

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。