ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

スティーブ・ジョブズさん

『スティーブ・ジョブズさんが亡くなった』

この知らせを聞いて、私は耳を疑いました。

ジョブズさんの健康が回復するのを願っていたのはもちろんですが、
頭の片隅では、いつかはお別れの時が訪れる、その覚悟はしていました。
でも、それがこんなに早くとは…。

私は音楽をやるためにMacを買いました。
十数年前、コンピュータで音楽をやる人はほぼMacを使っていましたが、一般の人で知る人は少ない、マニアックな存在でした。

その後、倒産の危機と囁かれたApple社を、復帰したジョブズさんが、iMacやiPodのヒットで見事に建て直しました。

それまでマイナーな存在に過ぎなかったApple製品の広告が街中を賑わう様子はとても痛快で、ドラマチックに思えました。

ジョブズさんが基調講演で、ジーンズのコインポケットから取り出したiPod nano、
全てが未来的で革新的で、これまで見た事もないような製品だったiPhone、
封筒から取り出されたMacBook air…
どれもエキサイティングで、忘れられない場面です。

演出が良かっただけではありません。
インパクトのある演出で紹介される製品にはどれも強いメッセージ、哲学のようなものが込められていました。
だからこそ、人々はAppleの製品に魅了され続けたのだと思います。
ジョブズさんが放つメッセージはいつも私たちに刺激を与え続けました。

ジョブズさんはよく「神」に例えられます。

でも私は、ジョブズさんをあくまでも一人の人間として尊敬したい。

ジョブズさんは常に成功してきた人では無く、多くの失敗をし、その中からさらなる成功を生んできた人です。
彼の功績は決して神の所業ではなく、これからも人間の知恵で受け継がれなくてはならないものだと思うからです。

ジョブズさん、安らかにお眠りください。

心からそう思うけど、でもジョブズさんなら、きっと大いなる"iCloud"のそのまた向こうで、
天国の人々の生活を変えるような革新的な製品を、これからも作り続けているような気がします。

本当に、ありがとうございました。

関連記事

とても素敵な文章ですね。私もAppleを15年ほど追って来ましたので、あなたの言葉に共感します。
http://www.apple.com/jp/stevejobs/
是非、日本からも(日本語のままであっても)気持ちを伝えてはどうでしょうか。

2011.10.07 00:14 URL | #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.10.07 00:15 | # [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
そうですね。是非、メッセージを送りたいと思います!

2011.10.07 00:51 URL | ユーノ(yuno_n) #- [ 編集 ]

涙が出てきます。

いつかはこの時が来るのは知っていましたが、まだ遠い未来のように思っていました。

私も音楽をやりたくて、Macintoshを手に入れました。
楽器の引けない私にとって、Macintoshはわがままな素人の言うことを聞いてくれる贅沢なオーケストラでした。
今は音楽ではなく出版・デザインの分野で私を支えてくれています。

知的自転車

まさにJobs氏の言葉は本当でありました。


経営危機に陥ったAppleをここまで見事に立て直しました。立て直したどころではない、世界一の企業に導きました。

AppleのDNAは彼のものそのままであってほしいと思います。

死と常に向き合ってきたJobs氏のあまりにも見事な引き際と突然の訃報に今年は特別な年になりました。



Jobs、一つ、あなたは間違えを犯した。
あなたは「今年は iPad 2 の年だ」と言ったではないか。
まさか今年がこんな年になるなんて。


しかし、人としていかに生きるべきか、多くのことを私たちに示してくれました。Jobs氏と共に歩むことができて、私は幸せでした。



どうぞ安らかにお眠りください。

多田幸浩 合掌

2011.10.07 04:45 URL | #- [ 編集 ]

唯 さん
コメントありがとうございます。

本当ですね。
ジョブズはその身をAppleという会社に捧げ、最後まで突っ走ったのだと思います。

体調不良でCEOを休職して以来、
イベントに姿を現す彼を見ると、うれしい反面、もういいから、ゆっくり休んで少しでも長生きして欲しい、という気持ちがありました。
でも、その生き様はいつまでも私たちの記憶に残るのだと思います。

2011.10.07 21:46 URL | ユーノ(yuno_n) #- [ 編集 ]

私が初めてさわったのはAPPLE IIてっていうパソコンでした。
初めてコマンドラインから開放されたデザイン性溢れるOSに胸を踊らせたものです。
すべて先頭を切って時代を作ってきたと言って過言ではないジョブズ氏の死はショックでしたが安らかに眠ってほしいです。
大学のスピーチでの言葉

「Stay hungry stay foolish.」

ハングリーであれ。バカであれ。の言葉を胸に自分も頑張っていきたいと思っています。

R.I.P. Steven Paul Jobs

2011.10.09 22:38 URL | 鷲羽 #- [ 編集 ]

鷲羽さん
Apple II ですか!
かなりのベテランAppleユーザーさんだったんですね。
Apple製品を長く使っている人ほど、ジョブズに対する思いは大きい事と思います。
私も、ジョブズの精神を、ほんの少しでも自分のプラスにしていければと思います。

2011.10.10 20:50 URL | ユーノ(yuno_n) #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://yuyumac.blog.fc2.com/tb.php/69-f34fece6

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。