ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
もうすぐWWDC開幕ですが、下のような噂が出てきました。

「Mac Rumors」というサイトによると、Time Capsule がアップデートされ、A4 または A5 プロセッサを搭載し、それには iOS が採用されるのではないか、という事です。

New Time Capsules to Run iOS on A4/A5 Processors? - Mac Rumors

Ars Technica briefly notes that it has received word that the new Time Capsule may actually follow the pattern of the Apple TV, taking on an A4 or A5 processor from Apple and running iOS to manage the more advanced functions that could appear in the device.



新しいTime Capsuleは、MacやiOS向けのソフトウェアアップデートを自動的にキャッシュする機能が搭載されるのではないか、という噂もあるようです。

こうなってくると、Time Capsuleで色々な事ができるような気がします。
ソフトウェアアップデートだけでなく、例えば購入したビデオをTime Capsuleに保存しておいて、Macを起動してiTunesを立ち上げなくても、Apple TVで視聴できるようになるとか、
そもそもiTunesライブラリをTime Capsuleに保管しておくとか、iPhoneのバックアップを、MacやWindows PCを介さなくてもTime Capsuleに保存できるようになる、とか。

もしかしたら、Time Capsuleがあれば、パソコンが無くてもiPhoneやiPadを問題無く使える時代が来るのかも知れません。

今までは、iPhoneやiPadは基本的にMacやWindows PCがある事が前提だったと思います。
パソコンを持っていないけどiPhoneを持っている、というユーザーもいるようですが、それだとiPhoneやiPadにあるデータのバックアップが取れないし、iOSのソフトウェアアップデートも行えません。

しかしそれが、Android Phoneに対するiPhoneのデメリットだと言う人もいます。

Appleは2001年のMacWorld Expo Tokyoにおいて、「デジタルハブ構想」なるものを発表しました。

マイコミジャーナルより

デジタルカメラ、携帯電話、デジタルオーディプレイヤーなど、多様なデジタル機器が普及しているが、Macはこれからの時代、これらの機器のHub(中心)になる。Macは、さまざまなデジタル機器ではできない機能をもっている。複雑なアプリケーションが走り、大型の表示画面があり、CD、DVD読み込み・書き込み可能で、データ容量も巨大だ。インターネットには、いつでもどこからでも接続できる。MacはデジタルHubになる



リンク先の冒頭の写真ではダルメシアン柄のiMacを見せつけながらニンマリする
ジョブズ氏の笑顔が眩しいですが^^;
この日発表した「デジタルハブ構想」以来、10年に渡って、iLifeやiWorkといったソフトウェア、iPod、iPhone、iPad等のハードウェア群を発表してきましたが、これらの中心はあくまでMacやPCを中心にしてきたわけです
(Apple TVは珍しい例外ですね。)

しかし今後iPhoneやiPadの売り上げをさらに加速させ、Android陣営に対抗していくために、これまで10年以上にわたって頑なに守ってきたこの戦略を、ついに転換する時が来たのでしょうか?

あくまで「噂」を元に想像した事ではありますが、気になります。
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://yuyumac.blog.fc2.com/tb.php/5-390074b8

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。