ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

OS X Lionのフルスクリーンアプリケーションについては先日書きましたが、その後Safariをフルスクリーン表示にする、最大のメリットなのではないかと思える機能を先日発見しましたので、追記エントリです。

別に隠し機能というほどのものではないので、知っている人は「なーんだ」だと思いますが、
知らない人には結構衝撃なのではないかと。

Safariをフルスクリーン表示のススメ

「Safariをフルスクリーン表示にしても空白が大きいサイトがほとんどで、メリットはあまり無い」という意見に私は「適材適所で使い分ければいい」と反論しました。

その考えは今も変わっていません。
マップやPDFファイルを見たり、ウインドウサイズに合わせて横長に広がるWebサイトを見る時も、フルスクリーンウインドウには意味があると思います。

では、最初から幅が決まっている、当ブログを含め多くのWebサイトを閲覧するのに、
フルスクリーンウインドウは意味が無いのでしょうか?

当ブログにアクセスした時

いえいえ。
トラックパッドをお使いの方は、任意の場所を二本指でダブルタップしてみてください。
すると…

当ブログを拡大表示
どーん!!

記事のサイズに合わせて拡大表示されました。
文字がものすごく大きくなり、とても読みやすいです。

ニュースサイトを表示
このようなニュースサイトも…
ダブルタップ!

ニュースサイトを拡大表示
どーん!!!

ニュースサイトをさらに拡大
二本指でピンチすれば、さらに拡大・縮小も可能です。

そう…この操作性はまさにiPhoneやiPadそのものです。

この機能は、Safariをフルスクリーン表示にしていなくても使えます。
でも、どうせならフルスクリーンにして、「MacでiOS体験」してみてはいかがでしょうか?

「画面に直接触れるわけではないMacでiOSと同じ操作性を持ち込む必要は無い」という意見もありますが、
この操作感を味わうと、Appleが狙っているのはこういうことか!と
妙に納得してしまいました。

特に、ゆったり、のんびりとWebを楽しみたい時にはおすすめです。
是非試してみて下さい。

OS X Lion 10.7(¥2,600)
カテゴリ: 仕事効率化
販売業者: Apple® - iTunes K.K.(サイズ: 3,743 MB)
App
関連記事












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://yuyumac.blog.fc2.com/tb.php/39-cf04315b

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。