ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
Magic Trackpad


昨日ご紹介した、Magic Trackpad。オススメです。

デスクトップ型のMacを使用している人でも、MacBook のトラックパッドの操作感が得られる優れものなのです。
これがあると、普通のマウスには無い様々な操作を、ジェスチャーによって行う事ができます。

Magic Trackpadの製品説明

Apple の Web サイトにある Magic Trackpad の製品説明ページ

ただ私はこの Magic Trackpad を使い始めた頃は少々苦労しました。
というのも、使っていると、だんだんと手が疲れてくるのです。
慣れの問題かなあ、と思い数日使っていたのですが、どうしても、1時間ほど使っていると手が疲れてきます。

このままだと腱鞘炎になるかも知れない、と思い、使用を中止しようかとも思いましたが
その前に使い方をもっと研究してみようと思いました。
そこで私なりに導き出した「Magic Trackpad を疲れずに使う方法」は以下になります。

※あくまでも個人的な意見であり、効果は人によると思います。ご了承下さい。


1. Magic Trackpad は手前が外向けになるように置く

手のひらの力を抜いて、テーブルの上にそっと置いてみて下さい。
まるで卵を握るように弧を描いた形になると思います。
そして人さし指、中指あたりが一番盛り上がり、小指辺りは一番平らに近い形になると思います。

Magic Trackpad を、AppleのWebサイトのようにキーボードと平行になるように置くと、
手のひらもそれに合わせて平行に保とうとする
と思います。

これが、手が疲れる原因の一つでは無いかと考えました。

Magic Trackpad を、手を自然に置いたこの形に近づければ、この疲れは軽減されるのでは無いか、
と考えて分かったのが
キーボードと平行では無く、手前が外を向くように置いた方がいい、という事です。


2. クリック操作は「人さし指でタップ」ではなく、「親指でクリック」

Magic Trackpad はタップでクリック操作できるのが便利ですよね。
でもこの「タップ」で人さし指を上下運動させるのが、意外と疲れに繋がっている気がします。

実際人さし指と親指で上下運動をさせると、親指の方が疲れにくい人が多いのではないでしょうか。

「タップ」を極力使わず、親指で「クリック」を使う方がいいのではないかと思います。


3. 無理に使わず、マウスと併用

Magic Trackpad は便利ですが、カーソルを細かく動かしたい時(Garageband等のアプリで作業をする時など)は、マウスを使った方が楽だと思います。
何でも Magic Trackpad でやろうとせず、用途に応じてマウスを使うのもいいと思います。

また、早くも梅雨に突入した地域がありますが、湿度の高い時はトラックパッド表面を指が滑りにくくなり、その結果指が疲れやすくなるという弱点がある事も最近分かりました。
そういう時は迷わずマウスを使いましょう。お風呂上がりなんかも滑りが悪くなりますね。


以上です。
Magic Trackpad を買ってみたけど、手が疲れてダメだなあ〜と思っている方は、試してみてはいかがでしょうか。
関連記事

参考にさせていただきました。
MacBook Airを使っているのですが、クラブシェルモードでマウスではなくMagicPADにしてみました。私も疲れない使い方を考えたのですが、PADの傾斜をなくすことが一つの方法かとおもいました。手前に消しゴムなどを挟んで水平に。或は電池部を机から落して。ずいぶん楽な感じがします。お試しください。

2013.09.07 02:14 URL | fumufumu #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://yuyumac.blog.fc2.com/tb.php/2-65334211

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。