ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

毎日寒いですね〜。どうも、ユーノです!^^

急に寒くなったせいか、うちの子どもも最近熱を出してしまいました…。
今はもう回復して、元気に暴れまわってますけどね。

さて、今回はけっこう前の話ですが、我が身に起こった出来事を書きたいと思います。

iPhoneのユーザー辞書が消えた

iOS 8がリリースされて数週間後。
新機能を色々と試してたりして、ふと気がつきました。

今まで出ていた予測変換が出なくなってる…?

慌てて、設定アプリを起動します。
一般→キーボード→ユーザ辞書 とタップしてみると…

見事に空っぽ!!
(スクリーンショット撮っておけば良かったんですが、撮り忘れました^^;)

よく使う言葉とか、顔文字とか、ちょこちょこと登録していたのが無くなってしまった…
これは痛い…。

iCloud Driveのしわざ!?

しかし、iOS 8にアップグレードした当初は
問題なく予測変換は出ていたはず…。

そこで、よく思い返してみると、最近「iCloud Drive」をオンにしたのを思い出しました。

自分のMacのOSをYosemiteにアップグレードしたのを期に、両方のiCloud Driveを有効にしたのです。
こうすることで、様々な書類をiOSデバイスとMacで共有することが可能になります。

そういえば、Yosemiteの標準日本語IMは「ことえり」ではなく、新しい日本語IMが搭載されていて、iOSとユーザ辞書をiCloud Driveで共有できるようになったんだった。

と思って、おそるおそるMacの環境設定を起動し、
キーボード→ユーザ辞書 とクリックします。

image

あった!良かった!!

Macのユーザ辞書にはちゃんとデータがありました。

という事は、ユーザ辞書のデータが、正しくiCloud Drive経由で
iPhoneと同期が取れていないということに。

なんとか解決!

まずは、Mac側のデータをTime Machineを使ってバックアップ。
いろいろ試した結果Mac側のユーザ辞書まで消えてしまったら最悪です。

そして、iPhoneを再起動。
オン/オフボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」のバーをスライドして電源オフ、
その後再度オン/オフボタンを長押ししてiPhoneの起動、ですね。念のため。

そしてiPhoneの設定アプリを確認します。
うーん、やっぱり同期されてない。

次は、iPhoneの設定アプリで
iCloud→iCloud Drive をタップして、iCloud Driveを一度オフにします。
その後、もう一度iCloud Driveをオンにします。

これで同期が始まって、iPhone側にデータがダウンロードされるはず…と思ったのですが、
これもやっぱりダメでした。

ああ、これで万事休すか?
そう思い、仕方なく、iPhoneのユーザ辞書を再入力する事にしました。
幸いMac側には登録したユーザ辞書のデータが残っているので、それを見ながらよく使う項目だけでも手入力しようと思ったのです。

そして、最初の1項目を登録し、「保存」をタップしたところ…

「同じよみの単語を複数登録することはできません」というエラーメッセージが。

え…どゆこと?(・・;)
今このiPhoneのユーザ辞書は空っぽのはずなんですけど…

まさか…

と思って、登録をキャンセルしてみると、
つい数分前まで空っぽだったユーザ辞書が、ちゃんと復活していました!

どうやら、ユーザ辞書に登録しようとしたことで
iCloud Driveの同期が開始されたみたいですね。
なんだか腑に落ちない感じですが、とにかく解決。良かった!


どうやら、同じようにiPhoneのユーザ辞書が消えてしまったという方が
いらっしゃるようですね。
解決方法も人によりさまざまのようです。

とりあえず、私は上記の方法で無事解決しましたので、
これが同じ症状でお悩みの方の助けになればと思います!

image

FF7のバイクゲームアプリ「FINAL FANTASY VII G-BIKE 」に結構ハマってます。ユーノです!^^

ミッションごとに結果がランク付けされるのですが、BランクとかCランクだったりすると
上位のSランクやAランクが取りたくてつい何度もやってしまいます。

さて、iOSアプリを紹介する際には、そのアプリの画面を貼りたくなるものですが、
今まではiPhoneやiPadのスクリーンショット機能(オン/オフボタンとホームボタン同時押し)を使っていました。

「Gバイク」のようなアクションゲームなんかだと、撮りたいシーンを狙ってスクリーンショットを撮るのはかなり難易度が高い。
ゲームでアクションをしながら、絶妙のタイミングでスクリーンショットを撮る必要があるので、失敗も数多くあります。
というか、一発で満足のいく画面が撮れることの方が稀です。

何度もやり直したりして、まあ〜こんなもんか、みたいなある程度の妥協もあり、今までブログで様々なアプリを紹介してきました。

本当は、iPhoneの画面をパソコンに映し出すアプリなんかもあるという話は聞いていましたが、何となくそれには手を出してきませんでした。
しかし、最新の「OS X Yosemite」が搭載されたMacがあれば、標準の機能だけでアプリ画面の動画も、スクリーンショットも、思う存分撮ることができるんです!

では、その方法を説明します。

1.iPhoneやiPadをLightningケーブル経由でMacに接続します(Lightningケーブル対応のデバイスでないと対応しないみたいです^^;)。

2.QuickTime Playerを起動します。

3.メニューの「ファイル」から「新規ムービー収録」をクリックします。

4.ウインドウが開きます。赤いマークの隣に「V」の字のマークが出ているところをクリックして、「カメラ」と「マイク」の設定を、画面をキャプチャーしたいiOSデバイスにします。

image

赤いマークの隣のv字マークから、接続するカメラとマイクを設定。

5.こんな感じで、Mac上の画面にiPhone/iPadの画面が表示され、MacのスピーカーからiPhoneの音が流れます。結構感動。

image

6.さっきの赤いボタンを押すと、iPhone/iPadの画面の録画が始まります。ちなみに5〜6分の動画を撮るだけでも数百MBのファイルが作成されたりするので、長時間の録画は避けたほうがいいでしょう。
録画を停止するときは先ほどのボタンをもう一回押せばOK。

7.録画が終わったらメニューの「ファイル」から「保存...」をクリックして保存先を選ぶと、録画したファイルが保存されます。
動画サイトなどにアプリ紹介ムービーなんかを作成したい時なんかでも、めちゃくちゃ便利ですね!

さて、私は動画ではなく、そこからいいシーンの静止画をブログに載せたいので、
次はその方法です。

これも、別途アプリを購入する必要などは無く、全てOS Xの標準アプリで済ませることができてしまいます。

8.QuickTime Playerで先ほど作成した動画を開き、静止画を撮りたい箇所で一時停止させ、メニューの「編集」から「コピー」を選択します。

9.次に「プレビュー」を起動します。

10.メニューの「ファイル」から「クリップボードから新規作成」をクリックすると、プレビューのウインドウに静止画が表示されます!
あとは、プレビューの編集機能で、サイズを変更したり、「JPEG」形式で保存したりということも簡単に行えます。


前回の「Gバイク」紹介記事は、このOS X Yosemiteの新機能を使って作成しました。

高性能な有料アプリを購入しなくても、この機能を使えば、iPhone/iPadの画面を取り込んだり、編集したりすることが簡単に行えるようになりました。

ブログや動画サイト以外でも、例えばゲームの美しいムービーをいつでも見られるようにしたい、なんていう時などにも使えそうですね!

OS X Yosemite
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Apple
AppStore リンク→ OS X Yosemite

FINAL FANTASY VII G-BIKE
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: SQUARE ENIX INC
AppStore リンク→ FINAL FANTASY VII G-BIKE

image
今年も残り2ヶ月ですね。早い!

どうも、ユーノです^^

今回はiOSアプリのレビューです。
日本の定番RPG「ファイナルファンタジー」の中でも特に人気が高い
「ファイナルファンタジー7」の中のミニゲームより
独自の発展を遂げた新アクションゲームアプリ「Final Fantasy VII G-Bike」がリリースされました!

iPhone/iPadでプレイすることができるユニバーサルアプリです。

「ファイナルファンタジー7」では、
主人公クラウドがバイクに乗り、敵の追っ手を剣で斬りさばきつつ
仲間が乗るトラックを守るというミニゲームが存在しました。
今回はそのミニゲームをモチーフとして、完全新作ゲームとしてリメイクされたものです。

とりあえずゲームスタート!
バイクに乗り疾走するクラウド。グラフィックすごい!

image

操作は簡単。
画面をタップすると、その位置にクラウドが移動します。

image

背後から敵が現れたら、その敵をタップすると、その敵をロックオンして斬りつけます。

image

ところどころに障害物があったりします。
画面を上にスワイプすると、クラウドがジャンプ!
下にスワイプすると、体をかがめます。

image

うまく操作できると、右上の円形のゲージが溜まっていきます。
満タンになれば、そのゲージをタップして「リミットバースト」!!

image

超強力な技を繰り出して周囲の敵に大ダメージを与えます。

image

「マテリア」というものを装備することで魔法を使うことが可能に。
火属性のモンスター「ボム」に氷魔法「ブリザド」で大ダメージだ!

image

話を進めていくと魔法だけでなく、闘いを有利にする様々な効果を得ることができるみたいですよ。

ボス戦では、「リミットバースト」に代わる必殺技「リミットブレイク」を放つことが可能に。
タイミングよくタップすると相手に大ダメージを与えます。

image
image

ティファなど、原作でおなじみの仲間がさらに追い討ち攻撃を放つことも!

image

ゲームは「ミッション」と呼ばれる面クリア型のゲームになっています。
ミッションをクリアすると報酬をゲットでき、
その報酬で自分の武器を強化したり、マテリアを育ててより強力な魔法を使うことができるようになります。
バイクを強化して耐久度をアップさせるといったこともできます。

とりあえず序盤を遊んでみた感じでは、
だれでも簡単に遊べるゲームになっていると思います。
先に進めばだんだんとクリアが難しくなってくると思いますが…

単なるミニゲームかと思いきや大進化を遂げたFF7のバイクゲームアプリ。
原作を遊んだ方なら是非オススメしたいアプリです!

FINAL FANTASY VII G-BIKE
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: SQUARE ENIX INC
AppStore リンク→ FINAL FANTASY VII G-BIKE

image

どうも、ユーノです! 結構寒くなってきて、もう長袖でないとつらいですね。
小2息子はまだ半袖で平気らしい。大丈夫なのか?

OS X Yosemiteですが、ようやくアップグレードしました!
結構周回遅れになってしまいましたが、Yosemiteのいいところ、よくないところなど、
気づいたことを今後書いていきたいと思います。

なぜこんなにアップグレードが遅れたのかと言うと、
前回の記事でも書きましたが、子どもたちの運動会ビデオなどを
一生懸命iMovieで編集したり、それを外付けのBlu-rayドライブと
「Toast」というアプリを使って、Blu-rayディスクの書き込みを行ったりしていました。

Toast Burn
価格: ¥2,000 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Corel Inc.
AppStore リンク→ Toast Burn

で、その外付けのBlu-rayドライブをMacに接続しても
どうもMac側がそれを認識しないというトラブルが発生し…(>_<)

何度もケーブルを抜き差ししてみたり、
接続するUSBのポートを変えてみたりと深夜まで試行錯誤していたのですが、
どうにも解決せず、仕方なく諦めることに。

これは…ドライブの故障の可能性が高そうだ…

ドライブ買い替えか〜
iPad Airも欲しいしiMacもそろそろ買い替えたいんだけどな〜

と、翌日ダメ元でもう一回だけ、Blu-rayドライブをMacに接続してみよう!と試したところ…

あっさり認識されてしまいました(>_<)

前の日の苦労は…一体何だったのか…


溜まっていた作業が終わって
早速Yosemiteにアップグレードしてみましたが、
第一印象としてはいい感じだと思います。
各種アイコンのデザインがiOSに近い感じになっていますが、
決してベタ塗りな感じではなくちょっとした凹凸とか色のグラデーションが残っていて
アイコンの視認性は旧バージョンよりも良くなっているような気がします。

image

メニューやウインドウの一部が半透明になっていますが
背景の色がかぶってメニューの文字が読みにくい…なんて事も無いですし、
印象を変えつつも使い勝手を損なわないように工夫されているのかな、と思います。

これからまた、Yosemiteの新機能などについて紹介していきますので(今さらなんて言わないで)請うご期待!!

OS X Yosemite
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Apple
AppStore リンク→ OS X Yosemite