ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

せっかくの連休シーズンなのに雨が続くみたいでイヤですね〜。どうも、ユーノです!

早速今回の話題ですが、
私は昨年から「iPhone 5c」を愛用しており、
購入後すぐにシリコンとポリカーボネートのバンパーを購入し、使っておりました。

しかし最近、このシリコンとポリカーボネートの境目部分がはがれてきており、
ちょっと見ただけでは分からないぐらいですが、めくってみるとシリコンがでろ〜んとなるのがちょっとみっともないと思いまして、
そろそろ新しいケースを買おう!と思い立ちました。

そして今度はアルミ製のバンパーが欲しい!と思いつき、
Amazonのサイトをチェック。

iPhone用ケースは数多く種類が出ていますが、
その多くはiPhone 5とかiPhone 5s用。iPhone 5cは形状が異なるため、iPhone 5用ケースをつける事はできず、
5c用のケースは種類がとても少ない印象です。

ちょっと悲しい。

それでも、探すと見つかりました。iPhone 5c専用のアルミ製バンパー。
早速購入し試してみました。

image

購入したのはPLATAというところが出しているバンパーケースです。
全体がアルミで作られており、ネジで取り付ける事でiPhone 5cに装着できます。
ドライバーと予備のネジが同梱されているのは親切ですね。

取り付けてみると、しっかりとiPhoneにケースがはまるのですが
しっかりハマりすぎているようで、ケースがiPhoneの電源ボタンを押しっぱなしにしてしまうという致命的な問題が発生。
このケースは電源ボタンや音量ボタンごと覆うタイプなのです。

当然、iPhoneのシステムを終了しそうになるし、それ以上電源ボタンを押そうとしても、既にボタンが押されている状態であるため全く操作が効かない状態に。

仕方がないのでネジを少しゆるめることでケースの上からでも電源ボタンが操作できるようになりました。
しかしこれではiPhoneを守るという目的からすると不安がありまくりです(-。-;)

image

音量ボタン、ミュートスイッチ側。このボタンを押した感じはとてもいいです。

image

ドックコネクタやヘッドフォンコネクタ側。純正のライトニングケーブルやイヤフォンが問題無く使えます。
ネジも見えますね。

image

iPhone上部の電源ボタン側。
ネジをゆるめており隙間ができているのがお分かりになるでしょうか。

ここは発想を変えてみよう。
この隙間を使えば、ストラップを通す事ができる!
商品の説明には一切書いてなかったけど、きっとそのための隙間なのだ!たぶん…

image

前面はこんな感じ。
なかなか良さげだなーと思いました。
中央部はにぎりやすいように幅がせまくなっており、上と下が膨らんだような形状になっているのは、
ネジで止めるという構造上仕方がない事なのかもしれませんが、ちょっと不格好だと思います。

image

背面から見るとこんな感じです。
どうでしょうか?

個人的な感想としては、5cのポップな魅力が半減してしまったなーと思いました。
だったらアルミバンパーなんか買うなよと言われそうですが^^;
想像ではもっとクールな見た目になると思っていたのですが。

ちなみにこのケースの色は「ライトブルー」だそうで
他にブルー、シルバー、パープル、ブラック、ゴールド、レッド、グレーがあります。

使用感について。
アルミの仕上げは割といい感じなのではないかと思います。
金属なのでもっと重いかも…と思っていましたが、意外と軽いです。
とは言えシリコンやポリカーボネートのケースと比べるとやはり重く、しばらく片手に持って操作しているとズッシリ来る感じはします。


というわけで、iPhone 5c用のアルミバンパーのレビューでした。
私の購入前の予想とはちょっと違う感じだったなーという気持ちでしたが、
iPhoneを他の人とは違う感じにしたい方にとっては選択肢のひとつに入ると思いますよ。


PLATA ( プラタ ) iPhone5c 用 アルミ カラー バンパー ケース 【 ライトブルー 】 IP5C-6007LBPLATA ( プラタ ) iPhone5c 用 アルミ カラー バンパー ケース 【 ライトブルー 】 IP5C-6007LB


by G-Tools

小さい頃から忘れ物の多さは変わりません。どうも、ユーノです!

いい歳になっても忘れ物癖が治らないのは本当にどうにかしたいですね。
まあ結局は、メモ書きなどで対策するしかないかなーと思っているんですけどね。

iOS向けアプリでも、Apple純正の「リマインダー」をはじめ数々のタスク管理アプリが配信されていますので、
これを利用しない手はない!と色々なアプリを試してきました。

しかし多くのアプリは結構いい値段がするし、機能豊富な分操作が分かりづらかったりします。
もちろん「豊富な機能」を求める方にはいいアプリなのだろうと思うのですが、
私にとっては重要なのは「忘れたくない予定をしっかりと教えてくれる」機能ただ一点だったりするので、それに特化したシンプルなアプリが欲しいのです。

その点、純正の「リマインダー」は確かにシンプルで、予定を通知してくれるアプリです。
ただこのアプリは一度予定を通知するともうそれっきりで、
通知が来た時に、ごめんちょっと今別の用事をしてる…とか思っていると、しばらくして通知してきた事を忘れてしまい、結局予定を果たせないという何ともトホホな結果になってしまった事も。

シンプルで、予定を通知してくれて、
かつ忘れないように何度も再通知(スヌーズ)をしてくれるアプリは無いものか!…ということで今回のアプリのご紹介です!

現在App Storeでは「おすすめの仕事効率化APP」の期間限定価格セールを行っており、
その中のひとつです。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム 」は、とにかく予定を入力し、しっかり通知してくれる事に特化したアプリです。
iPhoneやiPadでも使えるユニバーサルアプリです。

image
1回のみのイベントの登録だけでなく、毎日、毎週、毎月、毎年リピート通知してくれるイベントも登録できます。

image
リマインダー登録しているところ。
名称と日時のみ登録するシンプルな画面ですね。
4つ時間が横並びになっているのは「クイックアクセス」機能で、起床、昼食、退社、就寝の時刻を登録しておけます。これは設定で時刻変更できます。
右側の"i"をタップすると、リピートの登録ができます。

image
イベントを登録するとリマインダーのリストに追加されます。

image
時間が来ると、ちゃーんと通知が来ます。当たり前ですが^^;
しかし、その時私は別の事をしていて手が離せない。すると…

image
1分おきに再通知してきます。
アプリを起動してチェックするまで通知が続くので、デバイスがそばにある限りは忘れてしまう事は無いでしょう。 再通知は1分ごと、1時間ごとから選んで設定できます。オフにする事も可能。

image
通知が来たけど、それはもう少し後回しにしたい、という時は、リストのすぐ下に並んでいるアイコンの
"10"、"60"、"24"のいずれかをタップすることで、イベントの予定時刻を10分後、60分後、24時間後に先送りすることができます。
これがあるおかげで、今は手が離せないけど通知がうるさいからとりあえずチェックして、そのまま忘れてしまうといった事態を避け、先送りした時刻に確実に再通知してくれます。

image
非常にシンプルなタイマー機能。
カップ麺を作る時などよく使うタイマーを登録しておくと便利だと思います。
複数のタイマーを作動させる事も可能です。

その他、「ログブック」機能はリマインダーの履歴を残します。
以前使ったリマインダーを再利用する事もできて便利です。

このアプリの登録データは設定画面からiCloudまたはDropboxを介して、他のiOSデバイスと同期する事ができます。
例えばiPhoneでリマインダーを登録し、iPadでもこのアプリを起動すると(起動しなくては同期できません)、同じリマインダーリストがiPadにも表示されます。

シンプルながら「これは便利!」と膝を打ってしまうようなこのアプリ。
予定を確実にこなしたい方、忘れっぽい方はセール中の今のうちに是非!!

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Phocus LLP
AppStore リンク→ Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム


毎日朝から暑くて、通勤電車に乗るだけでバテてます。ユーノです!

少し前に、息子の誕生日にWii U本体と「マリオカート8」を買うかどうか迷ったという話をしました

結局購入には至らなかったわけですが…。

任天堂さんが作るゲームは昔からよくできていますよね。
CMを見て、息子が遊んでみたくなる気持ち、よく分かります。

任天堂さんがiOS向けにゲームアプリを提供する事は当面無さそうな話なので
せめて、iOSで面白く、子どもにも簡単に遊べるレースゲームは無いか、探してみました。

そして、目に留まったアプリがこちら。

image
Angry Birds Go! 」というアプリです。
そう、あの有名な、鳥をパチンコ台から発射して敵をやっつける「Angry Birds 」シリーズのひとつなのです。ちなみに、iPhoneでもiPadでも遊べるユニバーサルアプリです。

今回はあの鳥たちが今度はエキサイティングなレースゲームを繰り広げます!

image
レースが始まります。おや、車が全部パチンコ台に乗ってます。パチンコを発射するようにしてスタートするのです。

image
パチンコなので、スタート時から猛スピード。疾走感があって楽しいです! ちなみに操作は、「デバイスを傾ける」か、「左右に画面をスワイプ」するかを選び、運転します。
ブレーキやアクセルの類いはありません。子どもでも操作しやすく作られていると思います。

image
コースにはコインやアイテムなどが落ちていたりします。 集めたコインで車をパワーアップさせたりできるみたいです。

image
コースは(少なくとも最初のステージは)それほど長くなく、気軽に遊べるな、と思います。
マリオカートほどのゴージャス感はありませんが、ゲームとしてのツボはしっかり抑えていて、長く楽しめそうだな、と思いました。

ゲーム内では、単純に順位を競うレースの他、コースに落ちているフルーツをできるだけ多くゲットするゲーム、
制限時間内にゴールを目指すゲーム、勝利すると仲間になってくれるレースなど様々。
アプリの価格は無料ですが、遊べる回数に制限があり、制限に達すると一定時間待つか、アプリ内課金によってまた遊べるようになるという仕組みです。
無課金でも20〜30分ぐらいは遊べそうなので、私としてはこれで十分かなと思っています。

ちなみに我が息子に遊ばせてみたところ、すぐにハマってしまいました^^
久々のヒットといった感じです。

Angry Birds Go!
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Rovio Entertainment Ltd
AppStore リンク→ Angry Birds Go!


通勤電車ではPodcastを聴くのが毎日の楽しみです。ユーノです!^^

今回はあのPodcast番組「ワンボタンの声」のオープニング曲、エンディング曲を集めたサントラアルバムが
iTunes Storeで配信を開始したという事で、早速購入し、聴いてみました!

このブログを見ていただいている方のほとんどは既にご存知だと思いますが…
「Apple News Radio ワンボタンの声」はAppleに関する話題を中心としたPodcast番組で、
毎週火・木・土曜日の朝に配信されています。

配信回数は通算1000回を超え、それを記念した公開収録イベントが大阪と東京で開かれたのも記憶に新しいところです。
私も是非行きたかったのですが…子どもの都合でどうしても行けなかった(T-T)

それでは配信されたサントラ集「#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜」の感想を。

  1. ワンボタンの産声
    伝説はこの曲から始まった!
    この当時私はこの番組をまだ知らず、後に番組内でこの初期のオープニング(以下op)を知りました。
    最初はもう少し暗い雰囲気の番組をイメージされていたみたいですね。
    冒頭の「ミヨミヨ〜」音、やまむらさんの「ワンボタンの声〜」とベース音までが番組で使われた音声ですが
    そこから松尾さんによるアレンジが展開し始めます。かっこいい。
    このアルバムでは全曲が、もとのBGMをベースに、松尾さんが新たにアレンジを加えた楽曲になっています!

  2. Sour Sweet Samba
    私が「ワンボタンの声」を聴き始めた頃はこのop曲でした。なので、私にとってはこの曲が一番
    ワンボタンの声の曲、という感じがしています。
    ラジオ番組「オールナイトニッポン」のop曲をモチーフにした曲だそうですね。とてもノリが良くて気に入っています。

  3. One Button One Hundred
    「Sour Sweet Samba」がop曲のころのエンディング(以下ed)曲。もちろん、この曲も思い出深い。
    フルート系の音色が加えられるなど大胆にアレンジされている気がします。

  4. Der Computer Nr.1
    たしか放送400回ぐらいの時にこのopに変わったのかな?
    「Sour Sweet Samba」が好きだったので、「あー前のが良かったな〜」なんて最初は思ってました。
    もちろん今では好きな曲ですよ!
    この曲はアレンジが少なめ。既に楽曲として完成されているからあまり手を入れなかったのかもしれません。

  5. 駒川中野ふたり
    ハモンドオルガンの音がカッコいいed曲。
    曲タイトルはモチーフの元になった曲にヒントがあるのだろうと思いますが全然分からない^^;;

  6. 本中華出す
    この曲と7曲目の「代案な」では初の「歌もの」となりましたが
    当初この曲では何と言っているのか、という話題で盛り上がりました。
    「17」と言っているようにしか聞こえないというリスナーが多い中、
    ワンボタンのUstream番組内でセリフを当てた人にはプレゼントがもらえるという事になり、盛り上がりが最高潮に。
    私が「中華丼なう」ではないかとコメントしたところ、やまむらさんが「ついに正解が出ました!」とおっしゃったので
    えーっ!私が正解!!やった!!と思っていたらそれはやまむらさんの勘違いで^^;
    「本中華出す」と正確に答えた別の方が当選となったというほろ苦い思い出がございました^^;

  7. 代案な
    60年代?ぐらいの洋もの風だなあ〜なんて思っていたらやはりそのようで。
    「ダイアナ」という曲をモチーフにしているようですね。
    ボーカルとコーラスは多分松尾さん。歌詞はてきとうと仰っていた気がします。

  8. 電子のいたずら
    古いスポ根アニメの主題歌か何かみたいだな〜と思ってました。
    メロディがすごく耳に残るので、リスナーの方が歌詞を考えたりしていたような気がします。

  9. 瀬戸内海 202
    この曲は超クールですよ。松尾さんのセンス爆発という感じで好きな曲です。
    私はハウスとかテクノという音楽ジャンルには疎いのですが、この曲はカッコいいし
    テクノロジーのイメージにも合っていて、ed曲としても心地よい余韻が残る感じでいいと思います。

  10. Au revoir.
    「それでは次回の配信まで、オーボワー」というおなじみのエンディング、
    そして初期のBGMからのアレンジ曲です。
    BGMのモチーフは初期だけど、「オーボワー」の声は初期じゃないですね。
    以前はもっとあっさりした「オーボワー」だったと思うので。

  11. 本中華出す "HOUSE" remix
    6曲目「本中華出す」をモチーフにさらにハウス風にアレンジされた曲。
    ノリノリですね。いいですね〜^^
    約6分と長めの曲ですが松尾さんの気合いが感じられます。

  12. Sour Sweet Samba w / タイトルコール
    「Sour Sweet Samba」と「Apple News Rario ワンボタンの声」というやまむらさんと、やまむらさんの甥っ子さんの
    タイトルコールがモチーフになった曲ですね。
    エンディングになったと思ったらここでまたタイトルコールとは!^^
    文字通りさわやかに、エンディングを飾っていていいと思います!!


Podcastで流れていたop曲、ed曲は配信の都合上音質を圧縮して配信されますが
このアルバムでは当然高音質での配信となりますので
今まで当たり前のように聴いていた曲が全然違う感じに聴こえてくる瞬間もあって面白かったです。

「ワンボタンの声」を聴いている方も、聴いた事がある、という方も、
このアルバムで昔を懐かしんでみてはどうでしょうか。
アルバム単位だけでなく、もちろん1曲ごとの購入も可能ですよ!