ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

image

仮面ライダーと言えば、小学5年生ぐらい?の頃よく「仮面ライダーBLACK」を見ていました! ユーノです!^^

最近は小学生になると仮面ライダーから卒業…なんて話を聞いた事がありますけど、
私はスーパー戦隊も小学生高学年ぐらいまで見てたので…えー、そうなん!?という感じです^^;
うちの息子は小学2年生ですが、仮面ライダー鎧武、大好きです。

というわけで当ブログではちょいちょい仮面ライダーのアプリをご紹介しているわけですが
今回は最近配信が開始されたゲームアプリ「うたシュー! with 仮面ライダー鎧武/ガイム 」のご紹介です!

このアプリはいわゆる「歌ゲー」に「シューティング」の要素をミックスしたような内容のアプリで、
画面上部から降ってくる、歌詞が書かれたボックスを、歌のタイミングに合うようにタップして点数を競うという、
ちょっと斬新なアプリです。

iPhoneとiPadの両方に対応したユニバーサルアプリです。

歌詞のボックスを「シュート」する「うたシュー!」というゲームと
仮面ライダー鎧武のコラボ、との事です。

image

タイトル画面で「option」を選択すると、ゲームの遊び方が載っています。
意外とルールが複雑、というか、パワーアップアイテムなど最初は難しかったり、
ボックスをタップするタイミングが分かりにくかったりするので最初に読んでおく事をオススメします。

image

再びタイトル画面で「START」をタップすると難易度選択の画面へ。
遊べる曲は…主題歌「JUST LIVE MORE」だけなのかな?
条件を満たすと遊べる曲が増えたりしないのかな〜?私が遊んだ限りでは曲は1曲限りのようです。

小さいお子様用に、歌詞がひらがなで表示されるモードもあります。
しかしひらがなの簡単モードを何度選択しても漢字モードでゲームがスタートしてしまいます(-_-;
何度やっても改善されないので多分不具合なのではないかと思います…
この辺は改善して欲しいですね。

image

では実際にプレイしてみます。
歌が流れ、上部からボールや歌詞が書かれたボックスが落ちてくるので、
それをタップして飛ばします。奥の数字が書かれたところに当たると加点されるようです。

ボックスはタイミング良くタップする必要があります。赤色に変化した時がベストタイミングのようです。
うまく連続でタップできると「チェイン」が発生し、さらに加点できるフルーツのマークの「ロックシード」があらわれるので、ボールや歌詞ボックスをロックシードに当てるとさらに加点。なのでロックシードが出てきたらとにかくタップしまくるのがいいかも。

色付きのボールが降ってくることもあり、それをタップすると、画面下部のスロットに様々な効果がセットされるので、
それをタップする事でさらにゲームを有利に。
この辺はちょっと難しいので、やりながら覚えるのがいいと思います^^;

歌詞ボックスをタイミング良くタップできないと「LIFE」が減っていきます。「LIFE」がゼロになるとゲームオーバーです。

image

曲の最後までLIFEがゼロにならなければクリア!
結果の画面がランク付きで表示されます。
私はランクCかランクBが多いですね。ランクAになるのは結構難しい。ランクA以上もあるっぽい。

仮面ライダー鎧武の主題歌、カッコいいけど何て歌っているのかちょっと分かりにくい。
このゲームで歌詞を覚えるのにも役に立つので、あの曲が好きな方は是非!

うたシュー! with 仮面ライダー鎧武/ガイム
価格: ¥300 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: TOMO MUSIC,INC.
AppStore リンク→ うたシュー! with 仮面ライダー鎧武/ガイム

image

新学期になり、うちの子どもも小学2年生と幼稚園年長組に進級しました。ユーノです!
新しい環境に子ども達はまだ慣れず、家ではちょっと疲れ気味な感じですね。早く慣れてくれるといいのですが。

さて今回は、進級という事でドリル系アプリのご紹介です。
小学生が楽しく漢字を学べるように工夫されている「楽しく学べる漢字シリーズ」アプリです。

アプリは体験無料版の他、1年生から6年生までのアプリがそれぞれ配信されています。
ユニバーサルアプリではなく、iPhone版、iPad版のアプリがそれぞれ配信されています。

image

このアプリでは、漢字を繰り返し書く練習ができ、
正しく書けているか、書き順通りに書けているかの判定も行ってくれるところが優れています。
練習した漢字には丸のマークがつくので、残りの漢字が分かりやすいです。

うちの息子はもう2年生になったというのに、1年生の漢字の練習がまだ半分以上残ってますね^^;
まあ、割と最近購入したので仕方が無いか…

image
image

漢字をタップすると、漢字の形や読み方、書き順、判例などが表示され、音声で説明もしてくれます。
その後手書きで練習です。5回正しく書けると合格になります。
書き順や書く位置が大きくずれていたりするとやり直しになります。
4回までは漢字が薄いグレーで表示されているので比較的簡単ですが、5回目はこのグレー表示が無くなるので
ちょっと位置がずれてしまうとやり直しになってしまう事もあります。
小さめに書いたりすると「ずれている」と判定され何度やってもやり直しさせられるのはちょっとつらい(-_-;

image
漢字が書けるようになってきたらテストにチャレンジ。
その学年の漢字からランダムに書き10問、読み10問が出題されるので、
実際に答えを書いていきます。アプリが文字を自動判定してくれます。

テストは何度もやり直せるので100点を目指し頑張りましょう^^

このアプリは絵が入っていたり音声がついていたりとしっかりと作られているなと思います。
書いた漢字の自動判定も、ちょっとずれるだけでダメ判定になるのが厳しすぎるのが惜しいと思いましたが、よくできています。

漢字を繰り返し書くのはなかなかしんどいもの。
このアプリなら、漢字嫌いのお子様でもやる気になるかもしれませんよ!

【iPad版】

小学漢字ドリル無料版 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小学漢字ドリル無料版 楽しく学べる漢字シリーズ

小1かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小1かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ

小2かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小2かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ

小3漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: ¥300 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小3漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ

小4漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: ¥300 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小4漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ

小5漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: ¥300 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小5漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ

小6漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ
価格: ¥300 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小6漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ

【iPhone版】

小1かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小1かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone

小2かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小2かん字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone

小3漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小3漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone

小4漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小4漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone

小5漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小5漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone

小6漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone
価格: ¥200 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: Gloding Inc.
AppStore リンク→ 小6漢字ドリル 楽しく学べる漢字シリーズ for iPhone

image

久しぶりのブログ更新です。ユーノです!

いやー年度末はしんどかった^^;
体力というより精神的に。おかげでブログ更新もなかなかできず。
Appleがなかなか大きな話題を提供してくれない、というのもあるんですけど。

しかし!もう少し待てば大きなイベントがありますよ。
毎年恒例、WWDCが、今年は現地時間の6月2日〜6日に開かれる事が正式にアナウンスされました。

近年はチケットが数時間とか、数分で売り切れてしまうこともあり、今回は申込者のなかから抽選で販売される事になったとか。
確かにそのほうが合理的というか、クックさんらしいな、という気がします。

WWDCでは毎回基調講演が開かれて、主に開発者向けに大きな発表があるのが通例。
今回はどのような発表があるのか…楽しみですね^^

それでは今回は、近年WWDCでAppleが発表してきたものを振り返ってみる事にしたいと思います。

2004年

Mac OS X 10.4 Tigerのプレビュー。当時のMacはまだPowerPCが搭載されており、Windows陣営が開発中の新OS「Longhorn」(後に正式名称「Windows Vista」として発売)に対し、かなり敵意むき出しのプレゼンをしておりました。

2005年

Mac OS X 10.5の名称「Leopard」と発表。
そして衝撃の発表、Macに搭載するCPUをPowerPCからIntelプロセッサに移行する事がアナウンスされました。
この時は結構賛否両論巻き起こったんですよね…。

2006年

Macは既にiMac、MacBookがIntelプロセッサへ移行されており、この時新たにIntelプロセッサ搭載の「Mac Pro」が発表。
Mac OS 10.5 Leopardの新機能・Time MachineやSpacesなどが披露されました。
この頃のMac OS Xは、本当に早く使ってみたくなるような新機能満載でしたね。今のOS Xの進化も素晴らしいですが、
ワクワク感は当時の方が上でした。

2007年

Mac OS 10.5の300の新機能のうち、トップシークレットとして長く隠されてきた機能として、StacksやQuick Lookなどの10の新機能を紹介。
その後、Safari for Windowsを発表。

2008年

2世代目となるiPhone「iPhone 3G」を発表。その新機能を披露。
新サービス「mobile me」を発表。

2009年

この年の基調講演ではジョブズの姿は無く、上級副社長のフィル・シラーによるプレゼン。
Mac OS X 10.6 Snow Leopardのデモ。
iPhone OS 3.0を発表。コピペができるようになった!!^^; 3世代目となる「iPhone 3GS」を発表。

2010年

ジョブズ氏によるプレゼン。
酒場で拾われてリークされてしまうという悲劇に見舞われた4世代目となる「iPhone 4」を発表。
Retina Displayの美しさは度肝を抜かれました。
iPhone OS改めiOS 4発表。マルチタスキング機能がつきました。

2011年

Mac OS X Lionの新機能を披露。マルチタッチジェスチャー機能やMission Control、Lounch Padなど。
iOS 5を発表。通知センターが搭載され、PC Freeで利用できるようになりました。
問題の多かったmobilemeが新たに「iCloud」に置き換わる事が発表。

2012年

新CEO ティム・クック氏によるプレゼン。
MacBook Pro Retinaが発表されました。
iOS 6も発表され、マップがAppleによる新デザインに。
OS X Mountain Lionの機能が発表。通知センターやリマインダー、メモなどiOSから逆輸入したような機能満載。

2013年

iOS 7を発表。レイヤー的な新デザインが最大の特徴です。
新しいMacBook Airを発表。
OS X Mavericksを発表。マップやiBooksなど、iOSアプリとの共通化をさらに推し薦めて完成度を上げました。
新デザインの円筒形Mac Proを「予告」の形で発表。実際の発売は年末ギリギリとなりました^^;


さて、そして今年2014年です。
恐らくは、「iOS 8」と、時期「OS X」についての紹介がある事でしょう。
新型Apple TVとか、iWatchとやらの発表はあるのか?そういう新規デバイスなら、このタイミングで多分発表があり、秋ぐらいに発売という流れになるんじゃないかと思ってます。

WWDCまであと2ヶ月…楽しみに待ちましょう〜!^^

image
年度末は忙しいです。ユーノです!
帰宅して夕食食べて風呂に入ったらもう起きる気力も無い感じ…

さて、iPhone 5cが発売されてもう半年。
私もそのiPhone 5c ブルーのユーザーですが、やはり動作は非常に快適で、満足しています。

そんなiPhone 5cですが、先日ヨーロッパ、オーストラリア、中国では
従来の32GB、16GBモデルに加えて、8GBモデルが発売されたとの事です。

Engadgetのサイトでは、

発売当初より不振が伝えられる iPhone 5c の販売にテコを入れるための投入のようです。

と伝えられています。
ふーーむ。

そう言えば、ITproのサイトでは、「iPhone 5cは中国で売れていない、香港メディアの報道」といった記事が出ていました。
ITproは日経さんのサイトなので、信憑性を疑いたくなるところですが^^; 確かにこういった、「iPhone 5c不振」の報道は度々出てきています。

ちなみに国内ではどうなのか?というと、BCNランキングのサイトでの携帯電話売上ランキングによると、上位をiPhone 5sの各キャリア、容量別でほぼ独占する中、iPhone 5cの16GB(SoftBank)が21位となっています。確かにパッとしない成績ですが、もっと最近発売されたスマートフォンでもっと下にランクされている機種もあるわけで…不振とまで言えるかは微妙なところ。

それにしても、未だにiPhone 5cの事を「旧世代のスペックにチープな外装だけを入れ替えた代物」と評しているサイトがあったりするのにはゲンナリ。
本当に実物を見て書いてるのかな?と思ってしまいます。

Appleさんが、iPhone 5cの現状をどのように捉えているのか?
予想の範疇なのか、予想外に売れていないのか?

個人的には、iPhone 5cはもっと「売れていいはず」だと思っていたので、現状は予想外なんですよね。
そして5cが売れない理由はやはり「価格」だと思うんです。

世間の前評判では、「低所得者層向けの廉価版iPhone」が出ると思われていたにもかかわらず、実際には思ったより高機能で価格も(海外では)高く、しかし5sと比べると微妙なスペックに見えてしまったのが原因かなと。
ただ、iPhone 5cはれっきとした「新機種」で、外装コストはかなりかかっていると予想されるので、多分次の「c」シリーズが出るとしたらその辺のコストが削減できるはずなので、さらに思い切って価格を下げる事が可能なのではないか、と思ったりします。

繰り返しになりますが、私はiPhone 5cに満足しており、ポップな色合いも、背面の絶妙なカーブも大変気に入っているので、
このシリーズは是非今後も続いて欲しいと思っています!!

iPhone5C 空気のように軽い 極薄軽量ケース Smooth Air (クリア)
iPhone5C 空気のように軽い 極薄軽量ケース Smooth Air (クリア)
Aquaplanet
売り上げランキング : 1881

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ELECOM iPhone5C用 液晶保護フィルム 指紋防止 光沢 背面フィルム付き PS-A13FLFAGW
【3枚セット】Anker iPhone5/5C/5S 用 保護フィルム 高い透明度と耐久性 正確なカット マット仕上げ 日本産高品質素材採用【生涯保証】
パワーサポート AFPクリスタルフィルム for iPhone5S/5C/5 PJK-01
Highend berry 【 iPhone 5 / 5s / 5c 】 液晶 保護 フィルム 高光沢 防指紋 ハードコート 保護フィルム
ELECOM iPhone5C用 シリコンケース クリア 保護フィルム付き PS-A13SCCR