ゆうゆう*Mac

MacやiPhone等のApple製品を、毎日お気楽に悠々と楽しみたい ごくふつーのユーザーによるブログです。

最近、子供達がお気に入りのテレビドラマが終わってしまいました。

どうも、ユーノです!^^

子どもが気に入っていたドラマというのは他でもありません。

そう、「地獄先生ぬ〜べ〜」

第1話が放送された直後から、原作とあまりにかけ離れたストーリーの為、
ネットでは叩かれまくっていたあのドラマです^^;

私は、原作はチラチラっとしか読んだことが無かったので、
ふーん、と横目に見てる感じだったのですが(でも雪女のゆきめはキャスティングミスだろうと思った)、
何話か進んでいくにつれてだんだん面白く思えてきて、
なんだかんだと最終話まで家族で見てしまいましたね…^^

小学2年生の息子いわく、学校でも結構流行っていたみたいですよ。

【12/31まで】Microsoft Office クーポン割引きキャンペーン

Mac版Excelは複数セルの削除が面倒?

さて、前回の記事では、Mac版Excelで、Windows版の「F2」でセル編集モードに該当する操作を行う方法について書きましたが
今回はもう一つ、Mac版Excelについての話題を。

私がMac版Excelを使っていてもう一つ不便に思っていたのが、複数のセルを選択して、
「delete」キーを押しても、内容が削除されるセルは最初に選択した1個だけで、
複数セルの内容を一気に削除できない事でした。

image

Windows版のExcelは、セルを複数選択して「Delete」キーを押すと、複数のセルの文字列や数式が一気に削除されます。
Macを使っていても、Windows版のその感覚で操作すると、うまくいかず、ついイライラ。

メニューやリボンから「クリア」を選んでクリックすると、複数セルの内容を削除することができますけど、
これだとキーを押すだけよりもかなりテンポが遅れてしまうので、ちょっと使いにくいなと思います。

Mac版では複数セルを簡単にキーボードで削除することができないのでしょうか?

Macの「delete」は「Backspace」?

実はMacの純正キーボードにある「delete」キーは
Windowsの「Backspace」キーと同等の動きをします。

例えばテキストを入力していて、Windowsで「Delete」キーを押すと、カーソル位置の右側の文字が削除されますが
Macで「delete」キーを押すと、逆にカーソル位置の左側の文字が削除されるのです。

そしてMacには「Backspace」キーというものがありません。
Macでカーソル位置の右側の文字を削除するには、「fn」キーを押しながら「delete」キーを押す事で行えるのです。

Excelでもこれと同じこと。
つまり、セルを複数選択して、「fn」キーを押しながら「delete」キーを押すと、複数のセルの内容を一気に削除することができるのです!
これで解決!!

Macのキーボードは、Windowsのものよりずっとキーが少ないですが、使いたい機能がちゃんと隠されているのがいいですね!^^

image

少し前に出たiOS版の「Microsoft Office」、便利ですね!

どうも、ユーノです!^^

Office、というか、Excelが便利です。
仕事で使う予定が無くても、ちょっとした小遣い帳として使うとかでも、
機能が限定されているとは言え無料でここまでできるなら十分。
Dropboxで同期できるというのも素晴らしい。

MacのNumbersも面白いんですけどね。
特に複数のシートを1画面上に並べられるのは便利。
ただ機能の豊富さではExcelのほうがよくできてると思います。

Wordは…個人的には、MacのPagesのほうが使いやすいと思いますけどね。
Wordはおせっかいな機能が色々あるみたいで、貼り付けたはずの画像がどこかへ消えて無くなってしまったり、
勝手に文字が横にずれちゃったり、イライラすることが多くて。
多分私が使いこなせてないだけなんでしょうけど。

【12/31まで】Microsoft Office クーポン割引きキャンペーン

Mac版Excelでは「F2」が効かない?

さて、今回はMac版のExcelを使っていて常々思っていたことを記事にしたいと思います。
私は仕事ではWindows版のExcelをよく使用します。
Windwos版のExcelで、入力されているセルの内容を編集したいときは、どうしますか?

マウスをダブルクリックして、セルを編集モードに変える、という人も多いと思いますが、
キーボードに慣れている方なら、「F2」キーを押して編集モードにする人が多いと思います。

しかしMac版のExcelでは「F2」キーを押してもセルが編集可能状態にならず、
普段Windows版に慣れてしまっている身にとってはちょっと不便なんですよね。

Mac版Excelでセルを編集可能にする方法

実は、Mac版Excelでは、セルを編集モードにする別のキーボードショートカットがあるのです。
「control + U」キーで、Windows版の「F2」キーと同等の動きをします!

image

これに慣れると、F2キーまでわざわざ指を伸ばすよりも操作がしやすい気がします。

でも、もう「F2」キーの操作が左手のすみずみまで染み込んでしまって
他のキーボード操作に慣れるなんて無理!!という人は…

強引にF2キーを割り当ててしまいましょう!

Macのキーボード操作を別の処理に割り当てるアプリは色々選択肢がありますが…
今回は、私が愛用している、TrackPadやマウスのジェスチャーを拡張するアプリ
「BetterTouchTool」を使用してみましょう。

「BetterTouchTool」のダウンロードサイトはこちらです。

「BetterTouchTool」についての詳細はこちらの記事も御覧ください!

「BetterTouchTool」は、Magic Trackpadや、Magic Mouseを使うユーザーにとって必携のアプリだと思いますが、
実はこのアプリ、ジェスチャーを追加するだけでなく、キーボードショートカットを追加することもできるんです。

image

まずは、キーボードショートカットを追加するアプリを選びます。
アプリの「Preference」を開いて、対象のアプリに「Microsoft Excel」を追加します。

続いて、ショートカットの登録。

image

「F2」キーを登録して、そのキーによって発動するキーボードショートカット「control + U」を、
実際にそのキーを押すことで登録します。

image

ここで注意。Macでは、標準の設定では単にF2キーを押すだけだと画面の明るさが変更されるだけです。
「fn」キーを押しながら「F2」キーを押すことで、ファンクションキーとして動作することに注意です。
この設定を変更したいときは、アップルメニュー→システム環境設定... を選択し、
「キーボード」の項目を選んで、「キーボード」タブの「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」に
チェックを入れると、Windowsと同じようにF2キーを押すだけで、Excelのセル編集ができるようになります。


いかがでしたでしょうか?
MacでExcel、これでもっと使うのが楽しくなるかも!?


久しぶりの更新です。ユーノです!!^^

最近、子供たちが寝る時間が微妙に遅くなってきて困ります^^;
今までは21時になったら寝る、という感じだったのが、
気がついたら22時までテレビを見てる、なんて日もあり…

もういい加減寝るよ!と電気を消して添い寝してたら
気がついたら自分も一緒に寝入ってしまい、
23時過ぎになってふと目が覚め、それからブログを書く気力など無く
ふらつきながら自分の布団に潜り込む事もしばしば…

というわけで、なかなかブログ更新できずすみませんでした!
言い訳タイムでした!


来年の年賀状どうしよう!?

夜にブログがなかなか書けない状況で
来年の年賀状の準備などできるはずもありません^^;

うちでは、毎年年賀状用に家族の写真を撮りに出かけたりするのですが
今年は家族であまり遠出をしたりしていないので、そういった写真がありません。 子どもだけの写真はあるんですが、
年賀状で子どもだけの写真をもらって嬉しいか?と思えてならないので
今からでもどこかで撮影しないと…

デザインは去年のを流用しようかな。
Adobe Photoshop Elementsで作ったデータがあるので
写真を張り替えて、年を2015年に変えて…

(詳細は去年の記事「クリスマスカードや年賀状をiOS 7っぽくしてみたい!」をご覧下さい!)

iOS向けのアプリで年賀状が作成できるものも
去年よりさらに多くの種類が出ている気がします。

個人的には、「スマホで年賀状 2015 」というアプリが気になります。
このアプリは、500種類もあるテンプレートにお気に入りの写真を差し込み、
コメントを入れてオシャレな年賀状が作成できます。

それだけなら、他にも同じようなアプリが沢山あるのですが、
このアプリはさらに、iPhoneのカメラではがきの宛名面を撮影するだけで
文字を認識して宛先として登録することができるんですね。

こういうスマートフォンの特色を生かした機能があるというのは素敵だと思います!

スマホで年賀状 2015
価格: 無料 ※掲載時の価格ですのでご了承下さい。
販売業者: CONNECTIT Inc.
AppStore リンク→ スマホで年賀状 2015

毎日寒いですね〜。どうも、ユーノです!^^

急に寒くなったせいか、うちの子どもも最近熱を出してしまいました…。
今はもう回復して、元気に暴れまわってますけどね。

さて、今回はけっこう前の話ですが、我が身に起こった出来事を書きたいと思います。

iPhoneのユーザー辞書が消えた

iOS 8がリリースされて数週間後。
新機能を色々と試してたりして、ふと気がつきました。

今まで出ていた予測変換が出なくなってる…?

慌てて、設定アプリを起動します。
一般→キーボード→ユーザ辞書 とタップしてみると…

見事に空っぽ!!
(スクリーンショット撮っておけば良かったんですが、撮り忘れました^^;)

よく使う言葉とか、顔文字とか、ちょこちょこと登録していたのが無くなってしまった…
これは痛い…。

iCloud Driveのしわざ!?

しかし、iOS 8にアップグレードした当初は
問題なく予測変換は出ていたはず…。

そこで、よく思い返してみると、最近「iCloud Drive」をオンにしたのを思い出しました。

自分のMacのOSをYosemiteにアップグレードしたのを期に、両方のiCloud Driveを有効にしたのです。
こうすることで、様々な書類をiOSデバイスとMacで共有することが可能になります。

そういえば、Yosemiteの標準日本語IMは「ことえり」ではなく、新しい日本語IMが搭載されていて、iOSとユーザ辞書をiCloud Driveで共有できるようになったんだった。

と思って、おそるおそるMacの環境設定を起動し、
キーボード→ユーザ辞書 とクリックします。

image

あった!良かった!!

Macのユーザ辞書にはちゃんとデータがありました。

という事は、ユーザ辞書のデータが、正しくiCloud Drive経由で
iPhoneと同期が取れていないということに。

なんとか解決!

まずは、Mac側のデータをTime Machineを使ってバックアップ。
いろいろ試した結果Mac側のユーザ辞書まで消えてしまったら最悪です。

そして、iPhoneを再起動。
オン/オフボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」のバーをスライドして電源オフ、
その後再度オン/オフボタンを長押ししてiPhoneの起動、ですね。念のため。

そしてiPhoneの設定アプリを確認します。
うーん、やっぱり同期されてない。

次は、iPhoneの設定アプリで
iCloud→iCloud Drive をタップして、iCloud Driveを一度オフにします。
その後、もう一度iCloud Driveをオンにします。

これで同期が始まって、iPhone側にデータがダウンロードされるはず…と思ったのですが、
これもやっぱりダメでした。

ああ、これで万事休すか?
そう思い、仕方なく、iPhoneのユーザ辞書を再入力する事にしました。
幸いMac側には登録したユーザ辞書のデータが残っているので、それを見ながらよく使う項目だけでも手入力しようと思ったのです。

そして、最初の1項目を登録し、「保存」をタップしたところ…

「同じよみの単語を複数登録することはできません」というエラーメッセージが。

え…どゆこと?(・・;)
今このiPhoneのユーザ辞書は空っぽのはずなんですけど…

まさか…

と思って、登録をキャンセルしてみると、
つい数分前まで空っぽだったユーザ辞書が、ちゃんと復活していました!

どうやら、ユーザ辞書に登録しようとしたことで
iCloud Driveの同期が開始されたみたいですね。
なんだか腑に落ちない感じですが、とにかく解決。良かった!


どうやら、同じようにiPhoneのユーザ辞書が消えてしまったという方が
いらっしゃるようですね。
解決方法も人によりさまざまのようです。

とりあえず、私は上記の方法で無事解決しましたので、
これが同じ症状でお悩みの方の助けになればと思います!